井上瓦工事店は滋賀県大津市で地域に根ざしたサービスをおこなっております

  HOME

  屋根・瓦の紹介

  屋根・瓦の修理

  教えて?屋根材の種類

 
 工事の流れ

  工事に関するQ&A

  料金案内・お客様の声

  無料点検申込み

  工事の様子



  会社概要

  個人プロフィール
 
  リンク







 
教えて?屋根材の種類


新築・葺き替えをお考えの方は参考にしてくだされば幸いです。
大きく分けて粘土瓦・セメント瓦・化粧スレート・金属があります。
粘土瓦 セメント瓦 化粧スレート 金属
屋根材には長所と短所があります

 古くからある粘土瓦は30〜50年(地域の風土により変わります)の耐久性がありますが、化粧スレートや金属屋根と比べると重いですね。でも、塗装の必要はありません。

 セメント瓦は10〜15年で防水塗装が必要です。塗装ですが安物を塗ると5年くらいで剥げてしまいますので、結構コストがかかります。重さは粘土瓦と同じです。

 化粧スレートは安価で施工期間も短いですが、、10〜15年で塗料が剥げて白くなってきますので防水塗装工事が必要です。塗装をして5〜10年後に今度は全面葺き替えというサイクルです。

 板金屋根は結露が発生しやすいので下地での断熱材施工をしっかりしておく必要があります。

耐久性は化粧スレートとほぼ同じで、10〜15年で防水塗装が必要です。

 シングル材は一番安価ですがお勧めしません。葺き替えるころには下地も腐っていて、湿気の多い日本には不向きだと思います。シングル材とはフェルト紙に砂とアスファルトを塗布した屋根材です。

 

 耐久性のある屋根材を選ぶことをお勧めします。長い目で見るとトータルコストは安くなります。

耐久性
退色性
強度 断熱性 吸水性 塗替えは必要ない デザイン
(種類)
重さ
粘土瓦

×
セメント瓦 × × ×
化粧スレート × × × × ×
金属 × × × ×
シングル × × × × 出来ない ×
粘土瓦って高いんじゃないの?
 初期費用は高いかもしれませんが、メンテナンス費用はほとんど必要ないのでトータルでは安くなります。粘土瓦以外は防水塗装の必要がある為です。
1 0年 20年 30年
粘土瓦
\1,000,000−


防止塗装は
必要なし
\1,000,000−
化粧スレート
板金屋根
\500,000−
15年


防水塗装

足場工事

\500,000−
20年
化粧スレートで葺き替え

処分代

足場工事
\1,200,000−
35年


防水塗装

足場工事

\500,000−
\2,700,000−
 単純計算ですが35年で170万円の差がでました。
 新築や葺き替えの際には十分吟味して屋根材を選ぶ事が賢い買い物になるでしょう。
快適に過ごせる屋根材は?
 夏涼しく、冬暖かいのが理想ですね。それには野地板と屋根材の間に空気の層を作ることが大事です。
 屋根材としては粘土瓦とセメント瓦がこれにあたります。
地震が心配で軽いほうが良いのでは?
 そうですね、単純に考えれば軽いほうが家への負担はかるくなりますね。
阪神淡路大震災では瓦屋根、化粧スレートに関係なく被害が出ました。それは家自体が耐震設計になっていない古い家が多かったためです。今の耐震基準の家なら問題ないですね。
スレート屋根の家の倒壊

鞄本屋根経済新聞社より
瓦に釘を打ちつけてるのを見たけど
 そうですね、桟葺き工法といって桟木にステンレス釘やビスで固定していく施工方法です。瓦のズレや脱落を防ぎます。
葺き替えは何日くらいかかるの?
 そうですね、物件にもよりますが10〜20日くらいですね。
 工事の流れはこちら
                          このページの先頭に戻る


  HOME屋根・瓦の紹介屋根・瓦の修理工事の流れQ&A会社概要・地


            
            〒520-0242 滋賀県大津市本堅田6丁目22-29

        COPYRIGHT(C)2012 井上瓦工事店 ALL RIGHTS RESERVED.